和楽器のおはなし
和楽器


「和楽器」って何?そう尋ねられて最初に思い浮かぶのは三味線や筝(琴)でしょうか、それとも尺八や和太鼓? 実際にはなかなか触れる機会のないそれらの楽器について、少しご説明させていただきます。

◆三味線◆

ひとくちに三味線といっても、その種類は用途によって実に様々です。中国から琉球を経て伝来、庶民の楽器として親しまれ、長い年月を経て現在の姿となった三味線の、歴史と構造、そしてその可能性についてご紹介いたします。

◆筝・琴

はじめにお断りしておかなくてはならないのは、筝(そう)と琴(こと)という呼称についてです。皆さんが「琴(こと)」と聞いて思い浮かべるあの楽器は、正しくは「筝(そう)」といい、琴(こと)という楽器は別に存在します。便宜上、このサイトでは筝と統一させていただきます。

◆尺八・篠笛◆

日本人の生活に密接に関わっている「竹文化」。その竹から生まれた楽器も数多くありますが、その代表が尺八と篠笛ではないでしょうか。舌(ぜつ〔リード〕)を用いない、いわゆるエアリードと呼ばれる笛をご紹介します。

◆和太鼓・鼓◆

太鼓も用途によってとても種類が豊富です。お祭りなどで勇壮に鳴り響く長桐太鼓(大太鼓・宮太鼓・櫓太鼓)。雅楽で用いられる小鼓・大皮。他にも締桐太鼓、平太鼓などなど。まずはその種類と構造を、その他の打楽器と合わせてご説明させていただきます。

◆雅楽器◆

構造から分類すれば笙、しちりき、龍笛なども、それぞれいずれかのカテゴリーに属するのでしょうが、その生い立ちなど非常に特殊であるため、「雅楽器」として別枠を設けました。その雅なる世界をご堪能下さい。


Knowledge of WAGAKKI
無断転載を禁止します:Copyright(c)2000-2009 YAMATOYA co.,ltd. All Right Reserved.