学校での和楽器教育

水道管として安価で販売されている塩化ビニールパイプを利用した、横笛づくりに挑戦。
学校教育
Classroom Report
 

教科・領域
音楽

 

豊かな感性を持ち、生き生きと表現する生徒の育成
〜中学校1年生「日本音楽の響き〜筝の音色〜」の実践を通して〜

市立中学校
音楽教員 O先生

 

Classroom Report
 

目 次


1 主題設定の理由

2 研究の仮設と具体化の手立て
(1)生徒の実態から
(2)日本伝統音楽の特性から
(3)筝の特性から
(4)仮説
(5)研究の手立て
 [一] 教材との出会わせ方の工夫
   a)生徒の学習意欲を高める学習展開
   b)音色を印象付け、技能面を支える支援
 [二]日本伝統音楽・筝の特性の活用
   a)「かざり」「さらし」「合いの手」を使った創作表現活動の位置付け
   b)作って表現する活動の位置付け
 [三]良さを認め合う発表場面の設定
(6)抽出生徒の設定
(7)題材の構想

3 研究の実際
(1)「さくらさくら」を弾こう
 [一]筝との出会い
 [二]演奏できる実感を味わう
(2)「さくらさくら」を飾ろう
 [一]筝の音色っておもしろい
 [二]「さくらさくら」を飾ろう
 [三]発表会「さくらさくら」+飾り+合いの手
(3)「さくらさくら」をさらに良くしよう
 [一]「さくら変奏曲」を聴いて
 [二]「さらし」を使った創作表現活動
 [三]発表会「さくらさくら」+飾り+さらし
(4)お話を作って筝で表現しよう
 [一]「せせらぎ」を聴いて
 [二]お話を音楽にする活動
 [三]発表会

4 研究のまとめと今後の課題
(1)抽出生徒の変容
 [一]生徒A
 [二]生徒B
(2)その他の実践中の様子から
(3)今後の課題

 
 

 

Copyright (C) 2000-2009Wagakki Web Peojects. All Rights Reserved..